日本猫昔話 猫トリビア AM:8:00GOODDAYS









AM:8:00.GOOD.DAYS 猫と自然と21世紀
日本猫創作話 大越作成




日本猫昔話

むかーしむかし ある所に八額の仔猫がいたそうな

人々は八割れ猫は縁起が悪いと言う習慣から仔猫を嫌ったそうな

やがて人々は縁起の悪い八割れ猫だと怒り騒ぎ仔猫に石つぶてをぶつけて村から追い出したとさ

哀れ仔猫は人間と暮らしたい気持ちを抑えて
悲しげに彼等の元から離れたそうな

いくつかの村から追い出されさ迷っていた時
理解ある一人の若い村人に出逢い その村人とそこで幸せに暮らしたそうな

猫は大変感謝し 村人を癒す毎日を送ったそうな

めでたしめでたし
*ラッキーはそんな事実はありません
説明を追加
日本の猫のラッキー君、2003年に日本の関東地方で発見されて
以降大越と生活する様になる。日本の神秘現象の持ち主で
2017年推定14歳とされる。可愛げな性格で良くなつき愛される猫ではある。



PS

現代も八額猫は沢山いますが
彼等は縁起の悪い八割れ猫とみなされてきましたが

それは多分にマイナス思考から想像した
負の考え方やも知れません

現代になって,
よくよく気持ちを落ち着けて八額猫を見てみたら

八割れとは
単純に猫の毛の生え方の

彼等の毛の生え方の模様であって
模様も悪い意味合いでは無かったとさ

めでたしめでたしです 









Comments