MITUBACHI.COM 蜂の巣写真



AM:8:00GOODDAYS 猫と自然と21世紀
mitubachi.com

ashinagabachi colony&足長蜂の巣
自宅に出現した足長蜂の巣



Mitubachi come alive
日本の蜜蜂




此方のページ空間では私の飼い猫達はお休みです。
さて、Mitubachi&蜜蜂&に纏わるお話
蜜蜂は見た目が可愛いですよね。
私が幼き頃に虫探索で出逢った初めの頃に知った生物です。

昔はトンボや水生物を捕獲する為に網を使用していました。
彼は私の捕獲に驚き手を刺しました。

私ももしかすると蜜蜂の彼も初めての経験だったでしょう
蜜蜂だったからあまりdamageは無かったのですが彼の一撃は私に学習させました。
蜂という生物への標準的な理解を示す事が出来た時だったのでしょう

彼等は女王が卵を産み働き蜂は普段は
花の蜜を採りにいく為に危険な任務についています。

蜘蛛の巣や蟷螂等の捕獲性小型生物
更には鳥類等の彼等から見たら大型生物
更には私達の様なhumanに出会います

彼等の生物プログラムにはcolonyに所属する仲間達との団結のプログラムが存在していると私は考えています。

例えばcolonyが侵略を受けた際には
彼等は巨大なスズメバチ達に団結してattackを仕掛けます。

抵抗虚しく彼等の生存するcolony program全体が全滅する場合もありますが
スズメバチを撃退し葬る事も可能です。

彼等は採取する花粉を口の中に貯めて移動する時に花粉を身体に付着させて
移動し花粉を運びます。

そして彼等は受粉範囲を加速的に広げ
花咲のお手伝いをしている。

彼等は地球という私達の住むこのcolonyに組み込まれた地球生物ネットーク世界に存在します.

更に彼等はその貯めた餌である蜜を
不本意やも知れませんが
私達に提供してくれています。

御存知 蜂蜜ですね

ロイヤルゼリーも正に地球プログラムが生産する
天然の恩恵なのですね

さて、ここで議題です

一部生物学者の間では近年騒がれていますが
実は日本で蜜蜂が姿を見せなくなってきている様です

彼等蜜蜂の姿が見えなくなる…

それはつまり私達が存在する地球上の
酸素や大地を育む植物の減少を示しています

彼等は私達の吸う酸素を生む花々の育成に多大な貢献をしている
皆様も蜜蜂のcolonyを育成しませんか?
少しの投資として家庭菜園ならぬ

家庭蜜蜂養殖が可能です
勿論ペットとしての飼育が一番手軽でしょう
法律が関わりますが田舎ではだいぶ簡単ですよ

人間の彼等への保護と感謝の一環とも云えるでしょう
余裕があれば私もしてみたいと考えています


日本蜜蜂














Comments

Popular Posts