Wednesday, March 8, 2017

大越氏の古代に迫る伝記 大越の謎 そして消えゆく名誉の地位者の名王族名御100姓の謎






古代大越家/Ookoshi 某大越氏の過去から現在 肝心なのは白人圏が主体である事と仮説立てる。つまり日本の和の文化も神社もそもそも神ではなくて中心的存在として関係が無い事

つまり氏とその家系を表す紋章(源氏ではなく白人圏に意味がある事を表している)本物大越の存在の答えは果たして其処にあるのだろうか?大越家も白人圏の何かに対してグルで偽りを故意にしている
訳では無いと思うには思うには思うが


(写真の紋章はアンドリュー家の紋章だと思われる これは原型が白人圏にありますとと言う日本の武士や武家とは本来全く関係ないですよと言う記号の証明です。僕もこちらで紋章の謎について考えました。)
旧三つの越地方縁?旧越後の地 大越末裔  作成Ookoshi hiroki 私見と記録による原文



日本の古氏性 某大越系




古代は私の場合は現在確認不明、
比較的近世*正確時期不明には士官等の任務を可能な際には任官していたが任務を降りた際か、それ以前に数人の士官達と旧新潟県の土地で土地開拓事業に着手しやがて農業を営むに至ったと聞き伝えております。私見では御100姓という伝記にも関連性について仮説立てる話の記憶と謎が含んである部分を感じます。

*其の後慣れない仕事を農業従事者さんに智慧を教授して頂く等先人は苦労したんでしょう。

ookoshi 大越 越とは国際基準ISOの国際的なベトナムの旧国名であり=DON
現行の通貨名であります。
白人圏の通貨名ユーロ、ドル、などに変換して思慮して行く事も論理的に正解かもしれないと私は思う。
其れは単なる表記の問題ではなくそれ即ち
正体を表しているとも仮説できる。事実、現実に私はカナダに飛んだ
其処には私の疑問の答えでは無いかと思える紋章の原形が白人圏を主体として住宅の白人圏の家系のシンボルとして使用されていた。私は幾つかの仮説を立てた
古代モンゴル帝国とポーランドの戦争は初戦はモンゴル帝国の勝利として終わった。結果は白人圏の大征服の圧倒的な勝利に終わっている。
そうユーラシア大陸は白人圏と繋がっているのです。寧ろ隣同士なのです。その中で白人圏との幾つかの関わりの仮説が私は限定しています。

紋章はダイアモンドを表し、diamondは日本大陸には自然的に発生しない。つまりそれは大越がダイアモンドのある土地から古代に渡ってきた家系、又は存在である事の唯一の名残である可能性が高いのです。
例えば中国大陸には黄色圏でほぼ唯一diamondが存在するユーラシア大陸である事、隣国ロシアも生産国として有名ではあります。しかし、如何に古代に白人圏との関わりが日本より強く長くあった中華大陸とは言えど自分達を表す紋章を白人圏中心主義にするとは思えない事、それは古代から白人の手の内だった可能性がある黄色圏最強帝国中華大陸も文化の張り合いを同等としていた可能性がある。その点が非常に難解である事を感じ取れます。



不思議な動画
少年を尋ねてきた迷い猫は
美術品に描かれた猫に良く似ていた。
当時の私を振り返ると迷っていたのは猫だけだったのだろうか?



YouTube音楽YouTubeFree!

タイトル紋章の謎

紋章=現在は氏性と血液の違う他人との親族関係を現すものではなく。同氏別家は不明
丸に隅立て四つ目石とは日本流の基本形であり私の見解はNINE diamond

紋章を西欧を基準として紐解き表現している秘密の紋章
https://www.autodraw.com/share/Q1LBA6HLR7OJ

私見的理由⏬
近年表現の自由や著作物の二次的創作権利 又は歴史というFree著作権使用により家紋の真似などが古代からも度々あったらしき事に加え 家紋による血族偽装による特に見知らぬ他家の方が因縁付けでお困りという状況を見聞きしていますので 基本的に家紋が同じでも血族同氏分家などにより家紋違う場合もある様です。家紋が似て居ても無関係と処理する事が一般的の様です。 又、今は家柄は関係の目安で所謂其々の家庭という時代その方が楽です。
*私見では民間では現代は表立って家紋、紋章という時代ではありません


某越後系大越氏紋章

基本形家に伝わる円形の中に立直ダイヤモンド✖︎9=紋章の意味合いとして
記号から読み取ると正しく”武”の意味合いには見えませんし
家紋自体商家でも職業ではありません。そして明らかに白人圏の歴史的なシンボルである事。

*他の隅立て四つ目石家紋の方も其れは他人の問題です。

個人認識→古代からの白人社会中心主義世界共通シンボル ○=円 ♢×9=diamond ×=掛け式
読み解き9×♢=diamondが○=円or💲or魂的な存在=丸く其々に収まる 

意味合いとしては仮説 古代何らかしらの西欧文化中心の表現と交友の証かも知れないに見えます。
diamond其れは所有する様々な輝きの保持の期待へのシンボルに見え、
保証は存在しない永遠の輝きと栄光と多大な富をimageしている様にも見えます。

仮説では其れは前述の通り、西欧を基準にした時代の一応当時の友好の紋章を表すのか?実際不明です。

記号の意味だけで見れば…です。今は特段、特定の地位にあらず古代も人間でしょうし、
古代も正確には解りませんし神社も無いし今後も不要ですし、法律上一般人ですし本当は普段家系を意識した事はほぼありませんね。


以降も近代では自衛隊員 政治家 警察官 教師等 他社会的民間人として活躍する日本人です。*多分に全体的に

*古代は正確には解らないので発言を控えている可能性
*其処に現証という謎あり

古代から中世以降迄にかけて時代が変わると共に立場も変わり士官や民間社会人へとchangeしたとも考えられます。詳細は不明ですが私は源平や戦国武将の末裔という話などは一切聞いておりませんし親近感や特別な感情は特別ありません。

士官になれる時は今でいう公務員やっていたんだろうと聞いて想像して居ます2017年今は法治国家の公務員や民間家庭人としての認識で多分OKと思います大越神社は大越への嘘で設立した神社では無いでしょうが、人は神では無いという部分に仏教を通してきずき、神社という概念こそ妙な事だと思います*此れは重要だと思います。又、歴史だとか、家系だとかで現在の時代で所謂能力的優劣には一概に家系に関係ないのでは無いか?という普通の認識を私は持ちます。


memorial

photo gallery


memorial



チャーミングな少年の様にも





See you again
2017 AM:8:00GOODDAYS


No comments:

Post a Comment

Hello, for humanity and search engine of the world I have created this Google site for friendship. Please feel free to comment if you have me with friendly and friendly advice. I will reply friendly as soon as it is confirmed

AM:8:00GOODDAYS!注目の投稿記事

RootOttwa 2ndシュミレーション建築、言語、肉体の出来と歴史で劣る黄色圏

2019 There are cats and games and various pictures and videos. Please also look at the original mysterious information that can be confirme...

List of articles excerpt