Saturday, December 16, 2017

僕たちは猫と少年時代から過ごし今 猫にキャベツとプチトマトを与えるユーチューブ動画

AM:8:00GOODDAYS

僕たちは猫と少年時代から過ごし今

懐かしい回想を再度してみた。いや頭に浮かんできたのでここに綴ろう。
僕は17歳の頃小さなこの島で東京にいた、実は私は少年時代から夢も大きな希望も特にない男で、そういつからか昔から。いつからかそんなぼんやりとした日々を送っていた。色々言われたことは多く、当時は目標の見つけた、いや与えられた私は周囲との批判の中で、ひたすら自分を信じたときもあった、そう、それは夢ではなく目標を見失っていた時、完璧でない自分自身を理解しながらも夢中でいつも余裕がない少年時代だった。与えられるものではない目標は自分で見つけないとならない。僕はそう思って居る。神社なんてのは邪魔なんだよな。それは後々分かる訳で、自分のことは自分で決めて生きるべきで、日本にはその不自由さもある、告知だが正直神社とかの協力者も関与を控えて頂きたいです。伝統的な仏教も宗教は一切やめたんだ。
正直あんまり日本は食事以外はあまり文化的にも好きじゃない。いや今は少し嫌いです。特に恐怖感を感じる和風の伝統ってものがね。時にあまりの興味の無さに誇示されても怖いけども、迷惑なだけで良いと思えないし、特段優れて居るとも思えない。今は良いと思えない。成人すると、特にね。

嗚呼ちょっと以前の苛立ちが出たのですが、気を悪くしないでください。
そう猫の話だったね。ヒョコっとある朝目覚めると猫は目の前に現れた!そう、ごく自然に現れた。
多くの困難の中で多くの世界中の人々が日夜色んな顔をしている。
僕たちは猫と出逢い不思議な感覚を理解しないまま、夏を過ごし、冬を過ごし成人していった。今思えば、ずっと一緒に僕に会う日を楽しみにしていた様に彼らは現れた。この世界中で多くの素敵な猫がいるけども僕はラッキーがとても好きです。暑い夏はひんやりした石の上で寝転んでいる。注意すると、少しだけ反抗的な意思を示し、最初の頃はアヒルの様についてくるラッキーは今より美形で可愛く活発な猫でした。
ある朝今日はキャベツの千切りとトマトの果汁を入れてきた。
チャンネルはAM:8:00GOODDAYS
キャベツとプチトマトの果汁をユーチューブ動画掲載してみた。


告知
実は本日少ない閲覧者様へ向けて重大な報告があります。私はアメブロやFC2を使ってこなかった。それは使用感に対する違和感でした。今読者の方々には解らないとは思うが、ゆっくり自分や知らなかった事実へ気づく事、それがブログを開始する前の課題だった様に思えます。厳しい電子広告の市場で、正直時には絶望の連続ですが、僕は海外向けに少ないページビューのままブログや動画を発信しようと思っています。
今までずっと多くの時間小さな関東の田舎で意識の視野の狭まった人生を僕は送ってきた。苦しむ人、多くの困難をかける人、不遇な扱いに困る人、その中でも沢山の善良な人間が居ることは事実だ。(本当に普通に善良な方は考え方がどうだとか、いやなんだとか小さなことで普段指摘しない、そういう普通の大人な人もいる。いまの日本では少ないとは思うが)つまりまあ結局英語圏へ向けて情報発信をする為に英語で書くことが多くなります。方針、イヤ僕自身の最初からの合わないの分かってた事をご理解下さい。好きにして法律だけは意識する日常です。

dewa
matane



No comments:

Post a Comment

Hello, for humanity and search engine of the world I have created this Google site for friendship. Please feel free to comment if you have me with friendly and friendly advice. I will reply friendly as soon as it is confirmed

AM:8:00GOODDAYS!注目の投稿記事

難民について 2018年アメリカへの移民キャラバンに見る移民、亡命、長期移民ビザ、難民システムの仮説

難民について学習する2018年アメリカへの移民キャラバン移民問題、日本移民問題に関する仮説 キャラバン中米移民集団2018東洋経済https://toyokeizai.net/articles/-/249207 国際的移民記事英字http://www.globali...