ECO 地球配信 vol2









AM:8:00.GOOD.DAYS 猫と自然と21世紀


「苔‐コケ‐植物科.自然から採取」



皆様 Hello.蒼い地球出身"島んちゅ"NATURALです.

冬の中でも強く生存している「苔」ひんやりとした大気の

中でも相も変わらず彼等は凛とした姿を示している.

冬に枯れずに存在する草花の中で大地に根を張り我々の酸素を生産している

彼等植物は意思を持つのだろうか?

どうするぅ? 意志があってテレパシー能力とかあったら

だって少なくとも 生存する為に根を張るじゃないですか?

植物としての生存本能以外にやっぱり何かあるのでは?

たまにふと疑問が涌いてくる.2016年現在の所は確か植物に思考は存在しないという研究結果が出ております.

彼等植物種は御存知「二酸化炭素 CO2」を吸収し「酸素 H2O」

を地球に送り出す地球プログラムの一翼を担っている.

しかも宇宙空間に存在する太陽と連携した「光合成」が彼等の特技だ

宇宙と繋がった技を発揮するとは…侮れぬ生命体!

…本題に入りますが普段あまり意識こそしないが我々は
彼等無しには生きてはいけない

彼等を死滅させれば 我々地球生物は惑星に住めなくなってしまう

つまりだ 人類が便利な化学文明やサービスを追求し 鉱物を発掘し 大地を削り植物の生存スペースを削る程に

我々はこの星に住む種全体の種生存年数を縮小している可能性は高い

それは何故か? 生命環境全体のリミットである環境の変化もしくわ

星の寿命への影響の部分にあります

人類がこの母なる青い球体惑星から旅立つ迄の時間 我々も含めた全種類の

地球生物は この惑星に生物が存在出来る環境を維持しなければならない

仮に劇的な地球環境の変化が訪れなかったにしてもだ 我々は地球上の
生命環境を覆してはならない

それは こういった理由からだ

我々の未来の仲間達への時間を考えなければならない

これには環境省の職員の皆様も情報啓発として積極的に

取り組んでいる様だ。更には宇宙研究分野では
世界的に御存知NASAが著名である

我々は近未来宇宙空間へ生命の生存環境の大部分をshiftする日を目指している

我々はその生存する過程に置いて 地球の可能性を縮めてはならない

まずわ出来る事から始めよう 私の力等微々たるものだ

だが 多くの地球生命の意思の代表者はもしかすれば我々人類全体かも

知れない.「地球惑星を遠い将来では惑星生命体復原もしくは 惑星生命を産み出す事も可能性になるやも知れませんね 」

そんな意味では多くの人類が本来の役目を果たしていない

生命の母なる地球から見たら我々は我儘な消費者だ

いや ひょっとすれば 生命のバグの様なものかも知れない

でわ我々人類の大部分に何が出来るのだろうか?

新しく購入するエコカーに乗ることも悪くは無いだろう

だが最も簡単な地球への恩返しプログラムとは道端に
咲く雑草の種子をあえて抜かずに育てる事ではないだろうか?

仮に景観の問題で雑草を抜くなら LINEを決めて綺麗に整えた

状態にして生命自体は保護すれば良いのではないだろうか?

家庭内ビオトープなんかも素敵だ

まぁそれぞれの出来る範囲の実行が未来の

地球生物と未来の仲間達を救う事になるのではないだろうか?

そう 我々は この地球上に生命体として生誕して以降

異なる場所で 異なる生物として この地球というfield上で共に知らずとも同じ時間を地球という巨大な「家‐Home」の中で過ごしてきたんだ

バッタやカブト虫等の昆虫類や猫等は広義的に考えれば種を越えた
地球生命体としての仲間だったんだ

現実には生命体同士のtroubleは存在するが今は私はそう思っております.


今年話題の!ONLINEで買えちゃうんです
URL








Comments

Popular Posts